高崎線踏切に石やレンガ、故意か 一時運転見合わせ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2日午前、埼玉県北本市東間3丁目のJR高崎線北本―鴻巣間の踏切2カ所で、東京発籠原行き普通電車が石やレンガをひくトラブルが相次ぎ、一時運転を見合わせた。乗客にけがはなかった。鴻巣署は、何者かが故意に線路上に置いた可能性があるとみて、往来危険容疑などで調べている。

 JR東日本によると、午前7時40分ごろ、踏切で車輪に石のようなものがぶつかる異常音がし、緊急停止した。車両点検して約30分後に運転を再開したが、約2・5キロ先の踏切でも再びレンガのようなものをひいて止まった。上下線15本に最大約50分の遅れが生じ、約2万4千人に影響した。