世界柔道代表18人が会見 阿部「東京五輪への一歩」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する世界柔道代表の阿部一二三=2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)に出場する男女日本代表選手18人が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見し、男子66キロ級の初代表で19歳のホープ、阿部一二三(日体大)は「思い切った一本を取りにいく柔道で優勝したい。東京五輪につながる第一歩になればいいかと思う」と必勝を宣言した。

 18人中10人が初代表というフレッシュな陣容。4月29日の全日本選手権で2連覇し、個人初出場となる男子100キロ超級の王子谷剛志(旭化成)は緊張した面持ちながら「しぶとく堂々と闘いたい。準備はずっとやってきた。出し切りたい」と言葉に力を込めた。