韓国、保守結集模索の動き加速 洪氏、2強構図目指す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 保守系野党「正しい政党」からの離党と、旧与党「自由韓国党」の洪準杓候補の支持を表明した同党の国会議員たち=2日、ソウル(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国大統領選で、保守系の野党「正しい政党」の国会議員ら13人が2日、同党からの離党と、保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓候補の支持を表明し、支持率トップに立つ革新系最大野党「共に民主党」の文在寅候補に対抗する保守勢力結集を模索する動きが加速した。洪氏は文氏との2強構図に持ち込みたいとみられるが、支持率は依然、離されている。

 大統領選は当初、中道野党「国民の党」の安哲秀候補が保守層の受け皿となって支持率を伸ばし、文氏との野党候補2人による異例の対決と目された。だが中道路線が浸透せず、保守層は洪氏に流れ、従来と同じ保革対決の様相も帯びてきた。