団地でカラス20羽の死骸、埼玉 胃に殺虫剤成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 埼玉県は2日、同県北本市栄の団地敷地内でカラス20羽の死骸が1日に見つかり、近くにあったパンとカラスの胃から、殺虫剤の成分が検出されたと発表した。県は、何者かが意図的に与えた疑いが強いとしている。鴻巣署は、鳥獣保護法違反容疑で捜査する方針。

 県によると、死骸は1日の朝から夕方にかけて見つかった。敷地の半径約50メートルの範囲で道路や芝などに倒れており、近くにはパン切れも複数落ちていた。カラスの胃の内容物とパンを検査したところ、殺虫剤の成分である「シアノホス」が検出された。

 鴻巣署によると、これまで現場近くで不審人物などの情報はない。