がん抑える新たな化合物を開発 マウスで免疫副作用なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 化合物を投与せずにがんが転移したマウスの肺(左)と、投与で転移が抑えられた肺(九州大・宇留野武人准教授提供)

 九州大などの研究グループは、がんの進行に深く関わるタンパク質の働きを妨げてがん細胞の増殖や転移を抑える新たな化合物を開発し、2日付の米科学誌電子版に発表した。マウス実験で、免疫細胞である白血球の減少といった副作用がないことを確認。体に優しい抗がん剤の開発につながる可能性がありそうだ。

 研究グループによると、がん全体の3割程度で確認される突然変異した遺伝子が、がん細胞内の特定のタンパク質に作用し、タンパク質が細胞内への栄養分取り込みなどを促すことでがんが進行するという仕組みを突き止めた。

 開発した化合物は、このタンパク質の働きを抑えるものという。