岸田外相らが共同アピール発表 北朝鮮に核実験停止要求

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ウィーン共同】岸田文雄外相らは2日、オーストリアで、北朝鮮に対しさらなる核実験の停止を強く求める共同アピールを発表した。核爆発を伴うあらゆる核実験を禁じる包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効の重要性も訴えた。

 CTBTが北朝鮮の核開発阻止に重要な役割を果たすと強調。条約を批准していない米国や中国など8カ国に対し、早期の批准を求めた。国際的な核軍縮の監視体制強化への協力も訴えた。

 共同アピールは、岸田氏とCTBT機構準備委員会のゼルボ事務局長、CTBT発効促進に取り組むカザフスタンのアブドラフマノフ外相との連名で発表した。