オリオールズの外野手に差別行為 レッドソックスが謝罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 レッドソックス戦に出場したオリオールズの外野手ジョーンズ(右)=1日、ボストン(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、オリオールズの外野手ジョーンズが、1日に敵地で行われたレッドソックス戦で観客から人種差別行為を受けたと2日、USAトゥデー(電子版)が伝えた。

 アフリカ系米国人の同選手は侮辱的な言葉を浴びせられ、ピーナツの入った袋を投げられたという。袋を投げた客は警備員によって退場させられた。

 レッドソックスのケネディ球団社長は「いかなる選手も物を投げられたり、人種差別行為の対象になったりすべきではない。球団はこの許し難い行為を容認しない」などとする声明を発表し、同選手とオリオールズに謝罪した。