NY株小幅反発、36ドル高 ナスダックは最高値更新

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ニューヨークのウォール街にある街路表示板(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小幅に反発し、前日比36・43ドル高の2万0949・89ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は3・77ポイント高の6095・37と2日連続で終値の過去最高値を更新した。

 ダウ平均は朝方、米企業の1~3月期決算がおおむね好調だと受け止められたことなどから買い注文がやや優勢だった。

 その後は4月の米新車販売台数が不振だったことに加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を3日に控えて様子見ムードが強まったことで、上値の重い展開が続いた。