米ロ、北朝鮮解決へ協力 首脳が電話会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トランプ米大統領(左、ゲッティ=共同)、ロシアのプーチン大統領

 【ワシントン、モスクワ共同】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は2日、電話会談した。ロシア大統領府によると、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を巡る「危機的状況」について、外交解決に向け米ロが協力することで合意した。シリア内戦の停戦維持を目指して外相レベルの対話を強化することでも一致した。

 一方、プーチン氏は北朝鮮情勢を巡り米側に「自制と緊張緩和」を要求。原子力空母カール・ビンソンを日本海に派遣するなど軍事的圧力を強める米国をけん制した。

 米ロ関係は、ロシアが支えるシリアのアサド政権の軍基地を米軍がミサイル攻撃したことで悪化していた。