アップル、2四半期連続の増収 1~3月期、スマホ台数減

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アップルの販売店にあるロゴ=2016年、サンフランシスコ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米IT大手アップルが2日発表した2017年1~3月期決算は、売上高が前年同期比5%増の528億9600万ドル(約5兆9千億円)と、2四半期連続の増収となった。パソコンやサービス部門で売り上げが増加した。

 主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」は、販売台数が5076万3千台と1%減ったものの、売上高は逆に1%増えた。新型「アイフォーン7」と「7プラス」による業績の顕著な押し上げ効果はみられなかった。

 全体の純利益は5%増の110億2900万ドル。地域別の売上高は日本が5%増えた。一方、中国地域は14%減だった。