海自艦2隻で米艦防護、太平洋上 3日に終了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安全保障関連法に基づき、海上自衛隊が米軍艦艇に初めて実施した「武器等防護」に、横須賀基地(神奈川県)のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」に加え、呉基地(広島県)の護衛艦「さざなみ」も合流したことが3日、分かった。米艦防護は同日中に終了する。

 政府関係者などによると、さざなみは2日に呉基地を出港し、豊後水道を経て太平洋に出た。その後、いずもと防護対象の米補給艦と合流した。

 いずもとさざなみは任務終了後、シンガポールで15日に開かれる国際観艦式に参加する予定。