赤ちゃんイノブタが競走、和歌山

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 すさみ海水浴場で開かれた「イノブタダービー」=3日、和歌山県すさみ町

 イノシシとブタの交配種「イノブタ」の発祥の地として知られる和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で3日、生後約3カ月のイノブタが競走する「イノブタダービー」があり、多くの観光客でにぎわった。

 すさみ町はイノブタをPRしようとパロディー国家「イノブータン王国」をつくって毎年建国祭を開いており、ダービーはメインイベント。

 砂浜に設けた1周100メートルのコースに、最近話題の有名人にちなみ「ピコタロウ」や「マオちゃん」などと名付けられた6匹が出走。だんご状態でじわじわ進んだりするかわいらしい様子を観光客らが見守った。