自衛隊初の米艦防護終了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」(共同)

 安全保障関連法に基づき、海上自衛隊が米軍艦艇に初めて実施した「武器等防護」に3日、護衛艦「さざなみ」が合流し、防護対象の米海軍の補給艦やヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」と共同訓練を実施した。護衛艦2隻は訓練後、鹿児島県の奄美大島沖で米補給艦と別れ、安保法の新任務を終えた。トラブルはなかった。政府関係者が明らかにした。

 政府関係者などによると、いずもは1日午前に神奈川県の横須賀基地を出港、同日午後に房総半島沖で米補給艦と合流した。さざなみも2日に広島県の呉基地をたち、豊後水道を経由して太平洋上で合流した。