貨客船「万景峰」の就航延期 ロシア、北朝鮮間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストクと北朝鮮北東部の経済特区、羅先間で今月8日に予定していた貨客船「万景峰」を使った定期航路の開設が延期される見通しとなった。運航するロシアの「インベスト・ストロイ・トレスト」社関係者が3日までに明らかにした。

 第1便が8日に羅先の羅津港を出発、9日にウラジオストクに入港予定だった。ロシアの港湾当局が、受け入れ態勢が整っていないことを理由に、入港許可が9日に間に合わないと伝えたという。就航方針そのものは変わらず、同社はスケジュールを調整する。

 航路新設は北朝鮮側が働き掛け、ロシア当局も承認した。