京都・下鴨神社で「流鏑馬神事」 勇壮な妙技で観客魅了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 下鴨神社の「流鏑馬神事」で、疾走する馬の上から矢を放つ射手=3日午後、京都市左京区

 疾走する馬の上から豪快に的を射る「流鏑馬神事」が3日、京都市左京区の下鴨神社であった。勇ましい人馬一体の妙技が、境内に集まった約2万人を魅了した。

 平安時代の公家や武家風の装束をまとった射手が、境内の「糺の森」に設けられた馬場を疾走。100メートル間隔で置かれた的に向け、次々と矢を放った。

 今年は女性や中学生の射手も登場。約50センチ四方の的に矢が命中すると「カン」という高い音が新緑の森に響き、拍手と歓声が湧き起こった。

 流鏑馬神事は、15日に行われる「葵祭」の無事を祈って毎年開かれる。