よみがえる戦国絵巻、山形 「米沢上杉まつり」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「米沢上杉まつり」で再現された「川中島合戦」で、武田信玄(左)に切り込む上杉謙信=3日午後、山形県米沢市

 山形県米沢市で開かれた「米沢上杉まつり」が3日最終日を迎え、上杉謙信軍と武田信玄軍の激闘で知られる「川中島の戦い」を、武者装束をまとった市民ら約770人が再現した。快晴に恵まれ、両軍の甲冑が日差しを受けて輝いた。

 弓矢や火縄銃が放たれ合戦がスタート。信玄と謙信の一騎打ちや武将らの迫真の演技に、観客が大いに沸いた。途中、謙信役が落馬するハプニングもあり、会場から温かい拍手が送られた。

 山形市の中学校で外国語指導助手をするニュージーランド人のティペネ・ブライアントさんは武将に扮した。「練習は恥ずかしかったけど、本番はテンションが上がった」と満足げだった。