寄付額の3割以下が拡大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ふるさと納税の寄付総額に占める上位自治体のシェア

 ふるさと納税の寄付を受けた額で2015年度の上位20自治体のほぼ半数が、返礼品の調達費用を寄付額の3割以下に抑える方向であることが3日分かった。総務省の要請に沿った対応で、調達費用を引き下げるかどうか検討に入る自治体も相次いでいる。一方で要請に盛り込まれた家電などの廃止には反対もあり、自治体と総務省の調整は難航しそうだ。

 全国1788自治体のうち上位20だけで15年度の寄付総額1653億円の3割近くを占めており、返礼品代を抑制する流れが広がりそうだ。