V9狙う宮城MAXが4強 車いすバスケ日本選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 車いすバスケットボールの日本選手権に出場した、NO EXCUSEの香西(中央)=東京体育館

 車いすバスケットボールの日本選手権は3日、東京体育館で開幕し、リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表主将の藤本を擁し、9連覇を目指す宮城MAXなどが1回戦、準々決勝に勝ち、4日の準決勝に進んだ。藤本は「3年後の東京パラリンピックに向け、最高のパフォーマンスを見せることが責任」と第一人者の自覚を口にした。

 日本代表のエース香西が所属するNO EXCUSE(東京)と、ワールドBBC(愛知)、埼玉ライオンズも4強入りした。18歳のホープ鳥海がいる佐世保WBC(長崎)は1回戦敗退。鳥海は「世界からお手本とされる選手に」と成長を期した。

 決勝は5日に行われる。