J2徳島、鳴り物応援を自粛 サポーターの問題行動を受け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 試合前、拡声器や鳴り物を使った応援の自粛について説明し、謝罪するJ2徳島の岸田一宏社長=3日、鳴門ポカリスエットスタジアム

 男性サポーターがボールボーイの中学生にアルコール飲料と思われる液体をかけた問題を受け、J2徳島は3日、ホームの鳴門ポカリスエットスタジアムで行われた福岡戦で、拡声器や鳴り物を使った応援を自粛した。クラブがサポーター側に申し入れた。記者会見した岸田一宏社長は「今回のような事象が起こらないスタジアムをつくっていく」と説明した。

 異なる中学生のボールボーイを小突いて退場となったDF馬渡の行為も合わせ、クラブには批判が殺到した。一連の問題について、岸田社長は試合前にサポーターに謝罪。