米軍がICBM再試験 太平洋、北朝鮮けん制か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3日、米西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で行われた、ICBMミニットマン3の発射試験(米空軍提供・共同)

 【ワシントン共同】米軍は3日、核弾頭搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)ミニットマン3の発射試験を、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で実施した。米メディアによると、ミサイルは6400キロ以上離れた、太平洋のマーシャル諸島付近に落下した。

 ミニットマン3の発射試験は4月26日にも行われたばかり。米軍は今回の発射試験は、前回同様「以前から計画されていた」と説明しているが、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

 4月の試験では、バンデンバーグ空軍基地からマーシャル諸島方面に約6800キロ飛行した。