米、追加利上げ見送り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 イエレンFRB議長=3月、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は3日の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げの見送りを決めた。このところの米経済には軟調さが目立つものの、FOMC終了後に公表された声明は、米経済の減速は「一時的」と分析。緩やかに利上げを続ける姿勢も維持した。

 主要政策金利のフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標を0・75~1・00%に据え置く。