核廃絶に向けた連携協議 広島県知事、バチカンで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ローマ法王フランシスコに広島訪問を招請する広島県の湯崎英彦知事(右端)=3日、バチカン(オッセルバトーレ・ロマーノ紙撮影、広島県提供・共同)

 【ローマ共同】広島県の湯崎英彦知事は3日、ローマ法王庁(バチカン)でパロリン国務長官(首相に相当)と面会し、核兵器廃絶に向けた連携などについて協議した。知事は同日午前、バチカンのサンピエトロ広場で行われたローマ法王フランシスコの一般謁見にも参列し、法王に広島訪問を招請した。

 知事は法王に、広島で平和のメッセージを世界に向けて発信してほしいと直接伝達。広島県によると、知事はパロリン長官にも「法王に広島から世界の人々を勇気づけてほしい」と求めた。長官は核廃絶への広島の思いを理解した上で「広島が平和への使命を持っていることを法王に伝える」と述べたという。