二階氏、太平洋地域の防災連携 ハワイで講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米ハワイで講演する自民党の二階幹事長=3日(共同)

 【ホノルル共同】自民党の二階俊博幹事長は3日午前(日本時間4日未明)、訪問先の米ハワイで講演し、太平洋地域の防災・減災対策の推進に向けて風力や太陽光、地熱などの再生可能エネルギー分野での連携強化が重要だと強調した。

 二階氏は「国土強靱化は命の大切さ、尊さといった普遍的な価値観と直結する」と指摘。「同じ太平洋市民として、将来にわたって尊い命を守り、世界の平和と安定に寄与するために助け合おう」と呼び掛けた。

 尾崎正直高知県知事も講演し、薄い板を何層も重ねて強度を高めた大型木製パネルの普及に向けた取り組みを紹介し「林業の力で地球環境を改善したい」と語った。