名古屋大学生寮で火災、1人死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3階の1室が全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった名古屋大の学生寮「国際嚶鳴館」=4日午後、名古屋市

 4日午前8時15分ごろ、名古屋市昭和区高峰町、名古屋大の学生寮「国際嚶鳴館」から「黒煙が出ている。爆発音がする」と119番があった。鉄筋コンクリート造り9階建ての3階にある一室約15平方メートルを全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった。

 昭和署によると、この部屋には、工学部1年の男子学生(20)が住んでいた。男子学生は留年したことや学生生活について悩んでいたといい、出火当時、心配した広島市佐伯区の両親がこの部屋を訪れようとしていた。爆発音を聞き、駆け付けた学生の父親(47)もけがを負った。

 同署は、死亡したのはこの学生とみて身元の確認などを進める。