英で地方選、与党・保守党躍進か EU離脱へ政権強化狙う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 地方議会選の投票所を訪れる有権者=4日、英中部チェスターフィールド(共同)

 【チェスターフィールド共同】6月8日の英下院総選挙の前哨戦となる地方選の投票が4日朝、英国各地で始まった。8首長と88議会の計4851議員が対象で、高い支持率を保つ国政与党、保守党の躍進が見込まれている。EU離脱交渉を控えるメイ首相は、総選挙を通じて政権基盤固めを狙っており、地方選で弾みをつけたい考え。

 最大野党、労働党は大敗するとの見方が多い。

 英メディアによると、地方議会の改選議席のうち、労働党の選挙前勢力は最多の計1535議席だが、100議席以上失うとの見方がある。一方、2番目に多い保守党は1136議席で、100議席以上増やすとも予想されている。