駐韓大使、黄大統領代行と会談 慰安婦合意の履行要請か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 4日、ソウルで開かれた会合で、韓国の黄教安大統領代行(左)と握手する長嶺安政駐韓日本大使(聯合=共同)

 【ソウル共同】長嶺安政駐韓日本大使は4日、ソウルで韓国の黄教安大統領代行と会談した。長嶺氏は会談後、記者団に「安倍晋三首相の気持ちをしっかり伝えた」と説明。従軍慰安婦問題を巡り、釜山の日本総領事館前に設置された少女像の撤去や、同問題の解決を確認した2015年の日韓合意の履行を求めたとみられる。

 長嶺氏は昨年12月の釜山の少女像設置を受け、日本政府の対抗措置として今年1月から一時帰国していた。4月4日に帰任した後、黄氏と会うのは初めて。