NY円、一時113円台 米指標良好でドル買い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時約1カ月半ぶりの安値水準となる1ドル=113円台をつけた。朝方発表された米失業関連の指標が市場予想より良好で、ドル買い円売りを促した。113円04銭まで下げる場面があった。

 午前8時半現在は前日比12銭円安ドル高の1ドル=112円84~94銭。ユーロは1ユーロ=1・0916~26ドル、123円24~34銭。

 円は3日の午後5時時点で、前日比78銭円安ドル高の1ドル=112円72~82銭だった。