ASEANに最大4兆円枠新設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日中韓とASEANの財務相・中央銀行総裁会議で、記念撮影に応じる麻生財務相(前列中央)、黒田日銀総裁(同右から2人目)ら=5日午後、横浜市

 日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)の財務相・中央銀行総裁は5日、横浜市で相次いで会合を開き、金融危機に備えた通貨交換の拡充を軸とした金融協力を議論した。日本は危機に直面した国に円を融通する支援措置を創設し、最大4兆円規模の融通枠を新たに設けることでASEAN各国と合意。日中韓3カ国はアジアの発展に向け「反保護主義」の立場を表明し、緊迫する北朝鮮情勢を念頭に地政学的リスクに協調して対応していくことで一致した。

 一連の会合は4~7日のアジア開発銀行(ADB)年次総会に合わせて開催する。