学生野球、立命大の東が初の快挙 2度目の無安打無得点試合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 関西学生野球リーグの関大戦で、自身2度目の無安打無得点試合を達成しポーズをとる立命大4年の東克樹投手=5日、ほっともっとフィールド神戸

 関西学生野球リーグ第6節第1日は5日、ほっともっとフィールド神戸で行われ、立命大―関大の1回戦で立命大4年の東克樹投手が、昨春の京大1回戦に続いて自身2度目の無安打無得点試合を達成した。同リーグ30度目(完全試合1試合を含む)で、複数回の達成は東が史上初めて。試合は立命大が6―0で勝った。