中国、中型旅客機の初テスト飛行 国産ジェットで欧米に対抗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 5日、上海の浦東国際空港で初のテスト飛行を行った中国の国産中型ジェット旅客機「C919」(共同)

 【上海共同】中国の国有企業が開発を進めている国産中型ジェット旅客機「C919」(基本設計158席)が5日、上海の浦東国際空港で初のテスト飛行を行った。同クラスのジェット機は、米ボーイングと欧州のエアバスが市場で圧倒的な存在感を誇るが、切り崩しを狙う。

 航空機需要が拡大する中国市場で販売実績を積み、将来は輸出も目指す。開発する中国商用飛行機(上海市)の担当者によると、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のエンジンを搭載している。中国メディアによると、軽量化のため、機体にアルミリチウム合金を多く使用。部品の国産化比率は50%以上に達する。