慰安婦、日本と協議も合意もせず 韓国大統領選の洪候補

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 韓国大統領選で支持を訴える「自由韓国党」の洪準杓候補=5日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国大統領選に出馬している旧与党「自由韓国党」の洪準杓候補(62)は5日までに共同通信の書面インタビューに答え、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意の有効性を否定した上で、日本は自発的に反省を示すべきだとして、政権に就いても同問題では日本と「協議も合意もしない」と表明した。

 安全保障分野では、日米韓3カ国の協力を強化すると表明。北朝鮮に抑止力を高め、融和的な態度を廃した「武装平和政策」をとると強硬な姿勢をアピールした。日本の一部で出ている慰安婦の存在を否定する声や、日本政府による10億円の拠出を含む日韓合意を非難した。