米政権、温暖化対策示さず 中国の質問に回答

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 米トランプ政権は5日までに、今後の地球温暖化対策に関する中国などからの質問に対し「経済成長や雇用促進のため、政策や規制を見直している」と具体策を含まない回答をまとめ、国連気候変動枠組み条約の事務局に提出した。

 オバマ前政権は、温室効果ガス削減を国際的に約束しており、国内対策を強化する必要がある。だが回答では「米国の競争力に悪影響がある政策や規制は支持しない」と、温暖化対策への消極姿勢を示した。

 8日からドイツ・ボンで温暖化対策の国際会議が開かれ、米国の回答は、削減の進み具合を評価する議論の材料になる。