カナダ、米制裁関税に対抗策検討 石炭の出荷禁止が選択肢

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】カナダ政府は5日、トランプ米政権がカナダ産木材に制裁関税を課す方針を決めたことに反発し、対抗策の検討に入った。カナダの港を経由した米国産石炭の出荷の禁止が選択肢に挙がっている。

 対抗措置に米国が反発することは必至だ。年内にも始まる見通しの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で米国がカナダに強硬な姿勢で市場開放を迫り、2国間の関係がさらに悪化する恐れもある。

 木材の主要産地カナダ西部のブリティッシュコロンビア州が、トルドー首相に対抗策を要求した。米国産の燃料炭の多くが同州の港からアジアに出荷されており、これを禁じることを提言している。