豪五輪委のコーツ会長が再選 東京五輪調整委員長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シドニー共同】オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は6日、シドニーで年次総会を開き、ジョン・コーツ会長(66)の再選を決めた。任期は4年。同氏は国際オリンピック委員会(IOC)副会長で、2020年東京五輪の準備状況を監督する調整委員会の委員長を務めている。IOCは、落選すればIOCの役職も失うとしていた。

 1990年からAOC会長を務めるコーツ氏は、組織運営や高額報酬への批判から劣勢が伝えられていた。しかし、国内競技団体などによる投票で、96年アトランタ五輪ホッケー女子金メダリストのダニ・ロシュ氏を58対35で退けた。