世界遺産、半分除外に地元落胆 勧告に「残念だ」「厳しい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 宗像大社辺津宮。ユネスコ諮問機関の世界文化遺産勧告からは除外された=6日午前、福岡県宗像市

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関による「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」への登録勧告から一夜明けた6日、地元関係者らに喜びの表情は少なかった。「残念だ」「厳しい」。八つの構成資産のうち半分を除外するよう求められたことに、落胆する声が目立った。

 資産の多くを持つ宗像大社(宗像市)は「宗像の歴史文化を一体の資産としてきた。(除外は)誠に残念だ」との談話を発表。沖ノ島が遺産としての価値を認められたことには触れなかった。

 除外勧告を受けた「新原・奴山古墳群」がある福津市の原崎智仁市長は「全資産の登録に向け最善を尽くしたい」とするコメントを出した。