日本、インフラ基金へ4千万ドル アジア支援で財務相表明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ADB年次総会の開会式で演説する麻生財務相=6日午前、横浜市

 麻生太郎財務相は6日、横浜市で開かれているアジア開発銀行(ADB)年次総会の開会式で演説し、アジアで高度な技術を使ったインフラ整備を促進するため、ADBの新基金に2年間で4千万ドル(約45億円)を拠出すると表明した。議長国として「インフラ整備を推進するとともに、質を高めることが重要だ」と述べ、連携を訴えた。

 麻生氏は、途上国のインフラ整備にアジアでは今後15年間で26兆ドル(約2900兆円)が必要になると指摘した。新基金を通じ、鉄道や再生可能エネルギー事業で高度な環境技術を導入する際などの追加費用を賄う。