理想上司は「相談型」38% 4月新入社員調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今春就職したばかりの新入社員に理想の上司を尋ねたところ、最も多かったのは「プライベートの相談に乗ってくれる」の38・7%(二つまで選択)だったことが、人材育成会社「トーマツイノベーション」(東京)の調査で分かった。2014年に46・1%で最多だった「リーダーシップがある」は3年連続減少し、35・9%。新入社員の「理想の上司像」の変化がうかがえる。

 調査は同社が研修を担当した企業の男女4799人(ことし4月入社)を対象に4月4~14日に実施。この調査は14年から毎年実施している。