4年で子供3900人殺害 ボコ・ハラム、国連が非難

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【アブジャ共同】イスラム過激派ボコ・ハラムのテロが頻発するナイジェリア北東部を中心に、昨年12月までの約4年間に3900人を超す子供が殺害され、7300人以上が重傷を負ったとする報告書を、国連が6日までに発表した。

 最近は子供に爆弾を装着し、自爆テロを実行させる手口が増えている。ナイジェリアなどで90人の子供が自爆テロを強要され、うち70人が少女だった。バージニア・ガンバ国連事務総長特別代表は「ボコ・ハラムは子供たちに言葉で表現できないほどの恐怖を与えている」と非難した。

 ボコ・ハラムは拉致した少女を戦闘員と強制結婚させているほか、レイプも多発。