東京でクライミングW杯開催 五輪へ機運高まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 スポーツクライミングのW杯ボルダリング第4戦が6日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で開催され、選手が壁を登り切るごとに観客から歓声や拍手がわき起こった

 国内で人気が高まるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)が6日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、登った壁の数を競うボルダリングの今季第4戦が開幕した。2020年東京五輪での実施が昨年8月に決まってから国内で最初のW杯で、ボルダリング種目では初の東京開催。多くの観客が詰めかけ、五輪へ機運は高まった。

 スポーツクライミングの主要な大会は埼玉県加須市や千葉県印西市など常設の壁がある会場で行われることが多く、東京では少なかった。日本山岳・スポーツクライミング協会が八王子市に打診、東京開催が実現した。