釜山で恒例の朝鮮通信使行列 日韓の2千人、沿道歓声

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 市内を練り歩く「朝鮮通信使」を再現した行列=6日、韓国・釜山(聯合=共同)

 【ソウル共同】江戸時代、朝鮮王朝が日本に派遣した外交使節「朝鮮通信使」の行列を再現する毎年恒例のイベントが6日、韓国南部の釜山で行われた。主催した釜山文化財団によると、通信使にゆかりのある静岡や広島、長崎など各県からも含め、日韓の計約2千人が釜山の中心部を練り歩き、沿道から歓声が上がった。

 釜山文化財団が5~7日の日程で開催している交流イベント「朝鮮通信使祭り」の一環。通信使の一行を率いた「正使」には韓国の俳優が扮し、高位の「副使」役は、実際の通信使で正使だった人物の子孫が務めた。