仏大統領選、決選投票へ 極右伸びずマクロン氏優勢

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フランス大統領選の決選投票を翌日に控えたパリのコンコルド広場周辺=6日(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランス大統領選の決選投票が7日午前8時(日本時間同午後3時)、全国約7万の投票所で始まる。即日開票され、同日夜(同8日未明)にも大勢が判明、新大統領が決まる見通し。有権者は約4760万人。

 世論調査では、超党派の市民運動「前進」を率いる中道系で親欧州連合(EU)のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が、EU離脱を訴える極右、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)を大きくリードしている。

 第1回投票直前の4月20日、パリ中心部の繁華街シャンゼリゼ通りで警官銃撃テロが発生、7日は警察官5万人以上が特別動員され、警備に当たる。