ベネズエラ危機で協議 米補佐官と国会議長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 マクマスター米大統領補佐官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は5日、ホワイトハウスで、ベネズエラ野党指導者のボルヘス国会議長と会談、反政府デモで死者が出るなど「継続する危機」を素早く平和的に解決する必要性で一致した。ホワイトハウスが6日発表した。

 ベネズエラではマドゥロ政権による国会権限縮小の動きがあり、国会の多数派を占める野党側による反政府デモが頻発している。

 マクマスター氏とボルヘス氏は会談で、マドゥロ政権による憲法順守や政治犯の釈放、国会の尊重、自由で民主的な選挙実施の必要性についても話し合った。