大リーグ青木、2千まで15本

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 エンゼルス戦の5回、左前打を放つアストロズ・青木=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは6日、各地で行われ、アストロズの青木はアナハイムでのエンゼルス戦に「9番・左翼」で臨み、4打数1安打で日米通算2千安打まであと15本とした。チームは1―2でサヨナラ負けした。

 マーリンズのイチローはメッツ戦に「7番・中堅」で出場し、4打数無安打だった。同僚の田沢は七回途中から3番手で登板し、1回1/3を無安打無得点に抑えた。チームは3―11で敗れた。