日中韓会談実現に協力を 萩生田官房副長官

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 萩生田光一官房副長官

 萩生田光一官房副長官は7日のフジテレビ番組で、韓国大統領選後に誕生する新政権に対し、日本が議長国として調整する日中韓首脳会談の早期実現に協力すべきだとの認識を示した。「韓国の国内事情で延期している。約束の日中韓首脳会談を日本で開いてもらわなければ困る。日本に来てもらうのは筋だ」と述べた。

 日本政府は、日中韓首脳会談の年内開催を目指しているが、韓国・釜山の慰安婦少女像設置を巡る日韓対立の長期化などで実現のめどは立っていない。

 番組で萩生田氏は日韓関係に関し「どなたが大統領になられても韓国は日本にとって極めて重要な隣人でありパートナーだ」と強調した。