長野・飯田市で山林火災

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 長野県飯田市の山林で5日に火災が確認され、7日になっても鎮火せず、長野県は同日、陸上自衛隊に災害派遣を要請し、出動したヘリコプターが消火に当たった。県は墜落事故で上空から消火活動が可能な唯一の消防防災ヘリを失っており、他県の防災ヘリが消火活動を続けていた。

 7日も鎮火に至らず、8日午前から消火活動を再開する方針。

 飯田広域消防本部や県警によると、けが人や家屋などの被害は出ていない。焼失面積は不明。

 消防によると、5日午後4時25分ごろ、飯田市南信濃南和田の山林で煙が見えると通報があった。この日は静岡県の防災ヘリが出動、6日は愛知県の防災ヘリも加わった。