高知、「ごめんなさーい」叫ぶ 南国市で「謝罪の聖地」PR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「ごめんな祭」で叫び台に上がり、母親に謝る竹内稚奈さん=7日午後、高知県南国市

 「忙しくて家族サービスできず、ごめんなさーい」。高知県南国市の市営施設「吾岡山文化の森」で7日、胸につかえていた謝罪の言葉を叫ぶイベント「ごめんな祭」が開かれた。市内の地名「後免町」にちなんだ催しで、今年で4回目。

 実行委員会は南国市を「謝罪の聖地」としてPRし、町おこしをしようとイベントを企画した。メンバーは「日本の謝る文化を世界に発信したい」と話している。

 実行委によると、県内外から訪れた3~62歳の男女34人が参加。広場に組まれた高さ約2メートルの「叫び台」に上がり、声を張り上げた。