46歳の伊達が手術後初の勝利

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 女子テニスの元世界ランキング4位で46歳の伊達公子(エステティックTBC)が7日、韓国の昌原で行われたツアー下部大会の予選1回戦でインド選手を6―0、6―0で破り、左膝手術から公式戦に復帰後、初勝利を挙げた。予選2回戦は韓国選手と戦う。

 伊達は昨年1月の全豪オープン予選後に左膝半月板の内視鏡手術を受けるなど約1年4カ月のブランクを経て、3日の岐阜でのツアー下部大会で公式戦復帰を果たしていた。(共同)