ボートから転落2人死亡、北海道

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7日午後1時20分ごろ、北海道千歳市の支笏湖で「2人で乗っているボートが、強風で岸に戻れない」と南幌町稲穂1丁目、会社員米谷隼人さん(31)から119番があった。道警などが約2時間後、湖面に浮かぶ無人のゴムボートを発見。8日午前、米谷さんと、一緒にいた江別市文京台、会社員藤谷英昭さん(46)の遺体を相次ぎ湖上で見つけた。道警はボートから転落したとみている。

 千歳署などによると、2人は会社の同僚で、7日午前から釣りに訪れ、救命胴衣を着用していた。湖の南西側にあるキャンプ場付近からボートに乗ったとの情報がある。

 ゴムボートはエンジンが付いていない手こぎ式。