ホテルにイノシシ侵入、京都 ロビーで従業員けが

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7日午前10時すぎ、京都市東山区粟田口華頂町1の「ウェスティン都ホテル京都」のロビーに体長約1メートルのイノシシが入り込み、男性従業員(68)が脚をかまれるなどの軽傷を負った。ホテルによると、ロビーには宿泊客ら数十人がいたが、けがはなかった。

 京都府警東山署によると、従業員が発見し、駆け付けた警察官らと取り押さえたという。

 ホテルの担当者は「長年勤めているが、イノシシが侵入したのは初めてで、びっくりした。お客様にけががなくてよかった」と話した。

 ホテルは京都市役所から東に約2キロ。近くに山がある。