錦織、右手首痛から復帰へ マドリードOPに向け調整

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 調整する錦織圭=マドリード(共同)

 【マドリード共同】男子テニスで右手首の故障のため実戦を離れていた錦織圭(日清食品)が7日、約1カ月半ぶりに復帰するマドリード・オープンに向けてマドリードの練習コートで1時間半ほど体を動かした。右手首にはテーピングを施した上にリストバンドを着けてストロークやボレー、サーブを打った。世界ランキング7位で第6シードに入り、8日以降の2回戦から登場する。

 錦織は準々決勝で敗退した3月下旬のマイアミ・オープンで右手首を痛めた。練習拠点の米フロリダ州に戻って回復に努めたが、4月のバルセロナ・オープンを欠場。今大会開幕前のエキシビションマッチ出場も取りやめた。